文字サイズの変更
標準
閉じる

JST事業「社会還元加速プログラム(SCORE)大学推進型(拠点都市環境整備型)」に採択されました

更新日:2021.03.24

2021年3月19日、九州工業大学(主幹機関)、北九州市立大学、長崎大学、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ(以下、FVP)が共同で提案した「北九州SDGsイノベ―ション&アントレプレナーシップ プラットフォーム(KIEPS)」が、JST事業「社会還元加速プログラム(SCORE)大学推進型(拠点都市環境整備型)」に採択されました。

本プラットフォームは、北九州市が「モノづくり」で培った基盤技術をベースにしながら、SDGsで挙げられる課題解決と技術シーズマッチングによるイノベーション創出を実現する為に設立されました。北九州市が産業的に強みを持つ「ロボット?環境」などの分野を中心に、デジタルトランスフォーメーション(DX)を起こすことで、既存産業を変革し、顧客志向の製品やサービスを提供可能とする新たな産業の育成を支援することを目指しています。 

そのために、九州工業大学、北九州市立大学、長崎大学がともに、大学発ベンチャー育成を目的としたインキュベーションプログラムの豊富な運用経験を持つFVPとタッグを組むことで、既存産業の変革を実践できる技術?人材供給の場となることを目指していきます。さらに、北部九州から、九州全体の産業振興、ユニコーン企業創出を実現するため、北九州市SDGsスタートアップエコシステムコンソーシアムとも連携のもと推進していきます。

◇科学技術振興機構(JST) によるプレスリリースはこちら



学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ