文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生がICBIPでBest Oral Presentation Awardを受賞を受賞しました

更新日:2020.08.24

2020年8月21日~23日、今年で第5回目となる国際会議International Conference on Biomedical Signal and Image Processing(ICBIP)が中国の蘇州市(Shzhou)にて開催予定でしたが、188足球比分网の感染拡大防止のため、オンライン開催となりました。

同学会に本学大学院工学府 工学専攻 博士後期課程2年 呉佳奇さんが機械学習によるCT画像からの多臓器同時セグメンテーション法について成果発表を行い、Best Oral Presentation Awardを受賞しました。

受賞者 :呉佳奇(大学院工学府 工学専攻 博士後期課程2年)
発表題目:"A Supervoxel Classification Based Method for Multi-organ Segmentation from Abdominal CT Images"
指導教員:神谷亨 教授(大学院工学研究院 機械知能工学研究系)


表彰状

表彰状


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ